プロペシアを補う育毛の救世主の登場

プロペシアの有効成分フィナステリドは、男性型脱毛症の脱毛原因であるジヒドロテストロン(DHT)の生成を抑えることで、脱毛を抑制します。ただ直接的にDHTを抑えているのではありません。

男性ホルモンであるテストステロンに酵素5αリダクターゼが働きかけることによって、DHTを生成しているのですが、フィナステリドが抑えているのは、5αリダクターゼの方なのです。

そして、その5αリダクターゼは他にも種類があります。

Ⅰ型とⅡ型があり、フィナステリドが抑制しているのは、Ⅱ型のみです。

つまり、フィナステリドは、脱毛原因DHTの多くを見逃している可能性があります。

そこで登場するのがアボダートで、有効成分デュタステライドが含まれており、これはⅠ型にも効力を発揮するものです。

だから、プロペシアの1.5倍効くと一般的に言われています。

もちろん個人によって差が大きく現れるでしょう。

Ⅰ型、Ⅱ型のどちらかが優勢かで、効きが判断できます。

噂レベルでしかありませんが、不摂生や栄養不足で脱毛するのはⅠ型が優勢と言われています。

また、Ⅰ型では側頭部や後頭部も薄げになりやすく、毛の薄さでも判断できるでしょう。