AGA治療薬として抜け毛効果の高いアボダート

アボダートは、イギリスで開発された抜け毛を抑制させるAGA治療薬の事です。

元々は、前立腺肥大症の治療薬として開発されたものなのですが、抜け毛抑制の効果があると言う事で、現在はプロペシアなどと同様に抜け毛抑制のために使われています。

しかもこちらのアボダートは、プロぺシアよりも抜け毛を抑える効果を発揮すると言う事で愛用されている方も多いです。

その秘密は、抜け毛の原因である5αリダクターゼのⅠ型かつⅡ型の全てを抑制する働きを持っているデュタステライドに隠されています。

プロペシアは2種類のうちⅡ型のみの抑制効果を持つだけなのですが、2種類の5αリダクターゼを抑制する事によって、より高い抜け毛効果を発揮しているのです。

副作用としては、男性機能が低下してしまう点です。

性欲減退や精液量の減少、ぼっ起不全などが挙げられています。

しかし確率的には発症確率が低いです。

ちなみにステロイド系のお薬なので、長く服用していると体に耐性が付いてしまって効果が薄れる可能性があります。

また、もうひとつ、もし同居している奥様などが妊娠されている場合、絶対に触るだけでもいけませんから、手の届かない所に必ず保管をして下さい。

胎児に悪影響を及ぼす可能性がありますので十分注意して服用を続けましょう。