アボダートでふさふさの髪に

アボダートは男性型脱毛症の治療薬で、男性型脱毛症の原因となるアンドロゲンを抑制することにより、脱毛の症状がよくなります。従来治療に用いられてきたプロペシアはフィナステリドが主成分であったのに対し、この薬はデュタステリドが主成分となります。

フィナステリドも元は前立腺肥大症の治療薬で、脱毛に効果が認められて治療薬となりましたが、デュタステリドも、元は良性の前立腺肥大症に効果のある成分とされて、治療に使われていましたが、脱毛にも効果が見られたために、このように男性型脱毛症の薬として売り出されました。

デュタステリドはフィナステリドに比べて1.2倍近い効果が見られ、男性型脱毛症で本気で悩む方におすすめです。

副作用としては、アンドロゲンは男性ホルモンであるため、男性機能の低下や性欲減退が言われており、また、女性ホルモン優位となるため、女性のような乳房となったり、勃起不全となることがあります。

しかし、これらの副作用もまれにしか見られないため、医師、薬剤師の指示に従うことが大切です。