AGAとはもうおさらば!期待の新薬「アボダート」

みなさん、AGA(エージーエー)のことをご存じでしょうか?最近、人気お笑いコンビがCMで「AGAだと思ったら病院へ」と呼びかけを行っていますね。

「Androgenetic Alopecia」の略がAGA、直訳すると「アンドロゲン(男性ホルモンの総称)脱毛症」で、一般的には「男性型脱毛症」のことを言います。

AGAは、思春期以降に多く見られる病気で、生え際、頭頂部周辺から段々と脱毛が進行していく症状が見られます。

今回は、この”男性型脱毛症”に効果がある薬、「アボダート」について紹介させていただきます。

先程述べさせていただいた、AGAの直訳は「男性ホルモン脱毛症」でしたね。

これは男性ホルモンの異常から起こる脱毛症で、男性ホルモンの過剰分泌によって起こることがわかっています。

男性ホルモンにもいくつかの種類がありますが、今回重要となる男性ホルモンは、テストステロンというものです。

これに対抗する薬、アボダートは、有効成分であるデュタステリドという物質に、テストステロンの分泌を抑制する効果があることから、高い評価を受けています。

この薬はもともと、米国のある企業が、他の病気の薬として開発したものでしたが、AGAに対する高い能力が話題を呼び、世界各国で認められた新薬なのです。

アボダート(Avodart)薄毛治療薬

現在、全国でAGAに悩む方が、約1,260万人も存在します。

そして何よりもAGAは、放置すると前頭部や、頭頂部周辺の脱毛が必ず進行していく進行性のもので、とても厄介なものなのです。

こんなにも多くの人の悩みを解消するAGAの医薬品であるアボダートを使用している方が多くいらっしゃいます。

効果が高いので、現在、約290万人の方がアボダートを使用しています。AGA治療に悩んでいる方の多くがアボダートを使用しています。

また、この薬のジェネリック医薬品として、「デュタス」も注目されています。ですが、デュタスはあまり評判がよろしくないので、止めたほうがいいでしょう。

ジェネリック医薬品とは、新薬と同じ成分を配合したもので、薬そのものよりも低コストで入手できることから、大きな人気を呼んでいるようです。

もし、あなたが今、「自分はAGAなのでは?」という悩みを抱えているのなら、まずは医療機関に相談してみてはどうでしょうか?最近では、あまり知られていないようですが、頭髪の悩みに答える専門外来、というものも存在しています。

そして、「今現在AGAで、本当に治したいんだ!」という方は、ぜひ、アボダートを試してみてはいかがでしょうか?

男性型脱毛症を改善するアボダート

アボダートは、イギリスの製薬会社で製造されている医薬品で、もともとは前立腺肥大症の薬として開発されていました。

男性型の脱毛症に効果があるため、現在は、薄毛や抜け毛の治療薬として使用されています。

主成分が、デュタステリドで、代表的な医薬品のプロペシアよりも効果があると言われている注目されている商品です。

経口して服用する商品ですが、副作用としては、精力減退やインポテンツなどの症状が見られる場合があります。

アボダートは、最低は6ヶ月ぐらいは継続をする必要があるので、根気よく続けることが大切です。

妊娠中の女性がいる場合は、薬に近づけないようにして、きちんと保管をしておく必要があります。

アボダートは、比較的安全性が高く副作用の少ない医薬品ですが、デュタステリドにアレルギーのある方や、アレルギー体質の方は注意をするようにして下さい。

飲み方は、一日に0.5mgか1mgを噛まずにたっぷりの水で飲むようにすると良いでしょう。

継続して服用をすることで、抜け毛を減らすことが出来るので、健康な髪の毛を育毛しやすい環境を整えることができます。

海外医薬品の通販を利用すると、入手をすることが出来るので、一日の摂取量をきちんと守って服用をすることが大切です。

価格が安いから継続しやすいAGA治療薬

アボダートは、過剰になりがちな男性ホルモンを抑制する働きがあり、韓国では医薬品として認可されています。

日本では、個人輸入の代行のお店を利用すると、医師の診察や処方箋が必要なく購入することが可能になっています。

個人で服用をする場合は、自分の体調の良いときに服用をする必要があります。

男性の薄毛は、男性ホルモンの過剰分泌も原因のひとつになっていますが、様々な複雑な要因があるため、生活習慣を見直す努力も必要です。

髪の毛の異変に気付いたら、早めに治療を行うことで、男性型脱毛症を改善しやすくなるので、生活に優れた医薬品を取り入れることが大切です。

プロペシアは、お値段が高いので継続するのが難しい場合もありますが、アボダートは価格も安いので継続しやすいのが特徴になっています。

男性型脱毛症は、食生活の変化や精神的ストレスなどで、以前よりも低年齢化している傾向があります。

プロペシアを服用しても、改善しにくい場合は、アボダートを試してみると改善が期待できる場合があります。

男性機能に多少の影響を受ける場合があるため、気になる症状が見られたら医師の診察を受けるようにして下さい。

最新のAGA治療薬として注目されるアボダートとは

男性の薄毛のなかでも、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの影響を受けて発症するものを、AGAと呼びます。

ジヒドロテストステロンとは、テストステロンが5αリダクターゼ還元酵素の影響を受けることによって変化した、男性ホルモンです。

現在、AGAの治療を専門とする日本のクリニックでは、AGA治療薬として、フィナステリドを使用したプロペシアが処方されています。

この医薬品は、世界初のAGA治療薬としてたいへん有名ですが、AGAに効果のある医薬品は、プロペシアだけではありません。

アボダートという、グラクソ・スミスクライン社の医薬品は、プロペシアとは違う主成分を持ちながら、高いAGA改善効果を持っています。

この医薬品は、近年、AG治療に悩む方の間で注目が集まっています。

というのも、プロペシアで改善効果が得られなかったが、アボダートに切り替えたことによって、薄毛が改善したという方がおられるからです。

先述したとおり、AGAの原因となるジヒドロテストステロンは、テストステロンが5αリダクターゼ還元酵素の影響によって変化したものです。

この5αリダクターゼ還元酵素には1型と2型があり、2型のほうが、より強力なジヒドロテストステロンを発生させることがわかっています。

そこで、プロペシアの主成分であるフィナステリドは、2型の5αリダクターゼ還元酵素の働きのみを、選択的に阻害するように作られています。

つまり、1型の5αリダクターゼ還元酵素に対しては、効果を発揮しないのです。

プロペシアよりも強力はAGA治療薬

一方、アボダートの主成分であるデュタステリドは、2型だけでなく、1型の5αリダクターゼ還元酵素の働きも阻害するようにつくられています。

こうした効果の違いにより、プロペシアで効果の得られなかった方も、この治療薬に切り替えることで、AGA改善効果が得られているのです。

ただ、この治療薬の使用に関して、ひとつだけ留意しておいた方が良いことがあります。

ジヒドロテストステロンという男性ホルモンは、決して悪い作用ばかりをもたらすホルモンではありません。

むしろ、男性らしい肉体をつくるために欠かせないホルモンなのです。

このことから、アボダートを使用する際には、用法と用量を正しく守って使用する必要があります。

プロペシアよりも強力な効果のある医薬品であるが故に、使用には、ある程度注意が必要なのです。

とはいえ、アボダートは世界的に有名な製薬メーカーであるグラクソ・スミスクライン社の製品なので、正しく使用すれば、安全に、高い薄毛改善効果を得ることができます。